いよいよ内装工事に入っていきます。

(今回は居室のみの増築のため、水まわりなどの設備関係の工事はありませんでした。)

内装屋さんが入る前の状態です。この写真ではパット見はきれいなようですが、実は表面やボードの繋ぎ目は凸凹しています。

特にネジ穴には内装屋も細心の注意を払って対応していきます。

その風景がこちらです。あれ?クロス貼らないの?と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、クロスを貼る前工程が仕上がりを左右します。

事前準備としてネジ穴やボードの繋ぎ目を均しているところです。

均し終わった写真ですが、意外と表面には凸凹があるのです。

何を塗っているのかと言うと「パテ」と呼ばれるものです。

ちなみに何度も塗った跡があるのは、1回目のパテ塗りした分が乾燥によって堆積が減り、表面が凹んでしまうためです。

乾いた後にそういった場所などに複数回塗ることで、ようやく表面が平らに仕上がります。

そしてクロスを貼っていきます。

おなじみの糊付け機械です。

そして今回の壁紙では耐久性(弾力性?)のある素材となっており、写真のようにちぎっても伸びて切れないクロスとなっています。

内装屋さんにとっては切りにくいために施工が大変というウワサもあります。。。