成田市内、築30年を超える戸建住宅のリフォーム工事になります。

次は床の仕上げ、壁下地ボードの貼り付けになります。

まずはその前に断熱材を隙間なくしっかりと埋めていきます。

そして断熱材が入ったことを確認して、壁下地を上に貼っていきます。

この部分はキッチンが入る部分ですので、吊戸棚の部分の下地は合板で耐力を高めています。

  

梁型に出ている部分も外気と室内が面する部分は小さい隙間でも、しっかりと断熱材を入れることを忘れません。

  

そして並行して、床フローリングも貼っていきます。

まっすぐに狂いが生じないように、墨出しし大工さんが丁寧に施工しています。