成田市内、築30年を超える戸建住宅のリフォーム工事になります。

次は勝手口と水廻りの基礎工事、土間コン打ちを行います。

勝手口のポーチを広げるため、その分の基礎、配筋を行っています。

施工中の写真ではなかなかイメージが付きにくいかもしれません。

ちなみに完成後はこのようになります。

こうなる前の下の段から順番に作っていっていました。

分かり難いかもしれませんが、奥の床部分にも土間コンクリートを打ちました。

この部分は浴室になります。

水廻りの配置を左右入れ替えたため、新しい土台に併せて立上り基礎を行いました。

ちょこんとあるこの部分は何に使われるかは、後ほどご説明になります。