成田市内、築30年を超える戸建住宅のリフォーム工事になります。

2期目の工事に移ります。水廻りなど生活空間も含めて大規模に行っていきます。

まずは解体工事で、今回のリフォーム箇所を一気に解体していきます。

断熱材が出てきました。建築時には最先端の断熱材だったのですが、時代とともに断熱材の性能も向上しております。

これも良い仕事をされているようで、当時の状態のままキレイに残っておりました。

キッチンと水廻りの部分です。

キッチン、リビングは下屋部分になっているため、天井も解体して、断熱材も入れ直します。

これもきれいで立派な丸太の梁でした。

壁、床、天井の解体がほぼ終わり、同時に防湿シートを敷いていきます。

水廻り部分の土台はよく湿気がこもりがちなのですが、目立った損傷はありませんでした。