成田市内、築30年を超える戸建住宅のリフォーム工事になります。

完成に近づいてきた、内装仕上げ工程です。

まずは下地ボードの表面をキレイにならす作業として、パテ処理を行います。

まだら模様で大丈夫?

大丈夫です!これはボードとボードの境目と、ビスの穴や頭部分にパテを埋めて、ボードの表面と均一にした状態です。

ですので、白く見える箇所は段差をなくした後で、クロスをキレイに貼るための重要な工程なのです。

この様に職人さんがコテを使って手作業で一つ一つパテ処理をしていきます。

細かい部分まで気付いてパテ処理をすることが、後々の仕上がりに影響してきます。