成田市内、築30年を超える戸建住宅のリフォーム工事になります。

いよいよお部屋のイメージが付くようになってきました。

室内の木製建具や見切り材などが付いていきます。

ちょっと分かり難いかもしれませんが、天井と壁の入隅部分に木製の見切り材が付きました。

廻り縁と呼ばれるものです。

そして開戸だった箇所は引戸に変更して、廊下や室内の空間や物との干渉が減らせました。