成田市内、築30年を超える戸建住宅のリフォーム工事になります。

工期を2つに分けて、最初は和室1部屋を洋室に変更する工事を行います。

2期目として水廻りとリビング、キッチンなどの工事を行います。

工期を分けることで、生活しながら工事が出来る範囲と区別することで、ギリギリまで今のまま生活を続けられます。

和室の床組みを解体した後です。防湿シート、束石も新しく設置して、その上に新しい大引きを敷きます。

築30年経っている住宅ですが、建築時の施工(大工さん)が素晴らしい仕事だったようで、土台など躯体全体がしっかりと作られていて、目立った損傷も少ない状態で驚きました。元が良い状態でしたのでリフォームも行いやすかったです。

火打も立派なものでした。

ちょっと工程が飛んでしまいますが、大引、根太など施工後に床下断熱を入れたところです。

その上に合板を敷いていきます。

そしてフローリングを張っていきます。

細かいところですが、和室から洋室に変更するに当たっては、和室の畳の収まりに併せて逆算をしています。

大引のサイズを大きくしたりしてフローリングの仕上がりがキレイになるよう、職人さんと入念に確認しております。

次に和室の押し入れだった部分をクローゼットにしました。

クロスを貼り替えてこのお部屋は完成です。

※室内扉も変更しております。