成田市の新築注文住宅です。

根切り工事の次は基礎工事の配筋になります。

(もちろんこの前に砕石・捨てコンも施工済みです。)

 

基礎配筋

給排水管との兼ね合いも計算して、鉄筋を組合せます。

基礎配筋

立ち上がり部分は連続して施工しますが、一部に点検時に人が通れる様に間を開けておきます。

その場合、基礎の耐力が弱くならないよう補強するため、鉄筋を増します。

その施工状況もしっかりと記録していきます。

基礎配筋

車輪の様な、歯車のようなものが2つ見えますが、なんだと思いますか?

これは「スペーサー」と言って鉄筋がしっかりとコンクリートの中にバランス良く配置するために重要なものになります。

これが無い、もしくは適切な配置がなされていないと、鉄筋が偏って仕上がり、耐久性などに重大な影響が出ます。

基礎配筋

そして、仕上がりました。規則正しく配置され、夕方の日差しと相まってキレイですね。