成田市の新築注文住宅の現場です。

いよいよ内部の木工事になります。

木工事が進むと中の風景が一気に家らしくなってきます。

木工事

石膏ボードの施工風景です。

今まで家の中が柱などの木材がむき出しだったのが、石膏ボードが1枚1枚貼られていきます。

写真の様に大工さんが壁や天井の寸法に合せて貼っていきます。

建具取り付け

次に建具枠の取り付けです。写真は室内ドアの枠です。

建具取り付け

続いて収納内部の施工です。

木工事

こちらの写真は壁の厚みを利用したカウンターを取り付けているところです。

ちょっとした小物、携帯などはここに置けます。最近の薄型テレビなんかも置けるかもしれませんね。

(今回は壁の向こう側は他の部屋の収納部分となっているので、奥行きを分け合っているイメージです。)

木工事

秘密の部屋、ご主人の書斎のカウンターです。

普通にデスクを置いてしまうとスペースが取られてしまうので、造付けのカウンターにして、寸法も必要な分だけカットして施工しています。

木工事

階段の壁にも笠木を取り付けました。

木工事

キッチン周りも出来てきました。階段下の収納庫も扉が付きました。

キッチン前の腰壁にはミニカウンターを設けて、食器などを受渡しやすくしてあります。