成田市の新築注文住宅の現場です。

ヒラヤマホームの家づくりの特徴の一つ「制振ダンパー」の取り付けです。

制振ダンパー

家の四隅に各2本と、揺れ抑制に効果のある部分に数か所、制振ダンパーを取り付けていきます。

制振ダンパー

地震などの揺れの対策は多くありますが、ヒラヤマホームでは費用と効果を考えてこの「制振ダンパー」を採用しております。

地震のエネルギーを吸収!建物の揺れを半減させます。

この制振ダンパーは独特の内部構成を持っています。

地震や強風時に発生する振動のエネルギーを、ダンパーの収縮・伸長運動によって吸収し、建物の倒壊や家具の転倒を防ぎます。

地震時の建物への揺れ(地動加速度)を1/2以下に抑えることで、建物自体に与える変形する力も半分程度にまで抑えることができます。

震度で表すと震度6強を震度5弱程度にまで軽減することで、実際の体感値では数字以上に大きなものとなります。

大きく揺れても元に戻る!特許取得の原点復元機能

耐震工法や他の制振装置では、地震がおさまった時に建物が傾いたままの状態で止まってしまうことがありますが、制振ダンパーは『揺れても元に戻る』という日本初の原点復元機能を持っており、元の位置に戻ります。

繰り返す余震にも効果を発揮!

耐震工法の場合、最初の地震はやり過ごしたとしても、傾いたままの状態で大きな余震が発生した場合、耐えられず倒壊してしまうかもしれません。

復元力に優れた制振ダンパーならば、何度でもエネルギーを吸収するので、地震後も建物の強度を維持することができ、繰り返し起こる余震にも効果的です。

風や交通・日常生活の振動も低減します。

地震以外にも建物に与える振動は多くあります。

例えば台風などの強風、車両の通行による交通振動、暮らしの中で発生する生活振動にも制振ダンパーは効果を発揮します。

仮に大地震が1日に3回起きたとしても住まいを守ります。

実証実験では阪神・淡路大震災時の震度7の揺れにも高い効果を発揮。

1日3回の大地震にも耐えられる性能を確認しております。

メンテナンスフリーで高耐久

ダンパーは液体が乾く・漏れるなどが起きませんので、メンテナンス不要となり半永久的に効果を持続します。

大地震の後でも取り替えの必要はありません。

地震の揺れを最大で2分の1に抑える効果や、生活している中で発生する振動も吸収します。

制振ダンパーの詳細に関してはこだわりページにて説明をしておりますので、そちらもご覧頂けますと幸いです。

ヒラヤマホームの家づくり(制振ダンパー)