成田市の新築注文住宅の現場です。

ようやく家の骨格が見えてました。

次はホールダウン金物などの金物類、筋交いや窓枠を作っていきます。

窓枠

まず窓枠は写真の様に柱と柱の間に木で枠を作ります。

この時に窓のサイズとしっかりと寸法を合わせるのはもちろんのこと強度も確認します。

窓枠

続いて筋交い周辺です。

建物の横揺れの振動を軽減させ、柱や梁などの曲げや歪み、損傷を防ぐ役割があります。

筋交い金物

写真の様に斜めに木材を入れた後に、柱と金物で繋ぎ固定します。

ホールダウン金物

タテに伸びている金物はホールダウン金物です。

1階の柱と土台にもありますが、これは1階の柱と2階の柱と繋いでいます。

金物

下から見た写真がこちら。

他にも金物の種類は多くありますが、主だった金物を紹介しました。

また別の機会に他の金物は紹介します。