※画像をクリックして詳細説明を御覧ください。

築30年を迎える戸建て住宅のリフォームを行いました。

今回のリフォーム工事のポイントは、リビングとダイニングキッチンの間仕切り壁を減らして、一体的に利用できる空間にしました。

年末年始など家族が集まる時には、扉を開いて大空間に。

来客の際には扉を締めてパブリックスペースとして利用できるようになります。

またバスルームや脱衣室はバリアフリーにして、断熱性能を向上し、ヒートショック対策を行いました。

廊下の扉も廊下側に開く片開き扉から、引戸に変更することで廊下の動線を向上しています。

キッチンはタカラスタンダードのホーロー製品を使用し、耐久性やメンテナンス性が高まっています。

また断熱材も床、壁、天井を入替えております。30年前は高機能であった断熱材も、今の高性能の断熱材に入替えることで、お部屋の暖かさ、涼しさが格段に向上しました。

サッシも複層Low-eに変更しているので、お施主様もお引き渡し後のお部屋の空間にご満足頂きました。

 

建築種別 木造軸組み2階建て
立地 成田市
家族構成 ご夫婦
リフォーム箇所 内装、水回り全て、勝手口、建具、etc
工期 約2ヶ月