収益物件の空き部屋リフォームです。

築15年の物件はクッションフロアなどの張替えはしていたようですが、設備関係は1度も変えていませんでした。

今回、入居者からの退去申請のすぐ後にご連絡を頂いた為、退去日までの間にお部屋の間取りやお写真、設備仕様から概算見積もりを進めました。

退去の翌日にはお部屋を見させて頂き、詳細見積りを行いましたが、大きな変更はなくすぐに工事へと移れました。

収益物件は空室期間が長引くとオーナー様への影響が増えますので、スムーズな工事開始は影響を軽減することが出来ます。

また、室内清掃だけではなかなか入居が決まらなかったお部屋も、1度リフォームすることで内見時のアピール効果が高まります。賃料下落防止効果も見込めます。

いつ出るかわからない退去が決まってからご連絡を頂くよりも、退去が出る前に概算見積もりを行なうことで、空室期間を短くすることが可能です。

 

 

構造 鉄骨2階建てアパート(8部屋)
立地 成田市
築年数 15年
リフォーム箇所 キッチン、浴室、洗面化粧台、洗濯パン、畳、床、壁・天井
工期 約2週間